【ポーカー】ナッツの意味とは?立ち回りやマナーまで分かりやすく解説します!

「ポーカーのナッツとはどういう意味?ナッツを持った時に実際にどうすればいいの?とお考えではありませんか?」

ポーカーをプレイするようになるとナッツという言葉を耳にしますが、初心者のうちはよく意味がわからないですよね。

そこでこの記事では「ポーカーのナッツ」について解説しています。

さらに、

  • ポーカーのナッツの意味
  • ナッツを持った時の立ち回り
  • ナッツに関するよくある質問

についても解説していますので、「ナッツ」について分からないことはなくなるはずです。

それでは早速見ていきましょう!

【ポーカー】ナッツの意味とは?

ポーカーにおける「ナッツ」の言葉の意味は、「現状における最良のハンド」ということです。

例えばスターティングカードがA♥A♠でコミュニティカードが5♥10♠2♣A♣だった場合、フロップを見てもフラッシュやストレートを相手が揃える可能性は低いでしょう。

一方、自分はAのスリーカードなのでナッツを持っていると判断ができます。

このように現状で一番よいとされる手を持っていることをナッツと呼びます。

【ポーカー】ナッツを持った時の立ち回り

ポーカーでナッツを持った時には大きく2点の立ち回り方があります。

  • 他に強いハンドがなければチェックする
  • 他に強いハンドがあればチップを搾り取る

では具体的に見ていきましょう。

他に強そうなハンドがなければチェックする

自分がナッツで他に強そうなハンドがなければ、あえてチェックすることでチップを稼げるチャンスを増やせます。

なぜならあえてアグレッシブにいかないことで相手に自分を「弱いのでは?」と勘違いさせ、ミスを誘うことができるかもしれないからです。

例えば自分がスートの異なるAAAのスリーカードを持っていたとして相手もフラッシュやストレートを揃えるとは考えにくい場合、あえてチェック(すでにベッティングアクションがあればコール)することで相手がこちらの手札を弱いと勘違いしてアグレッシブにベットしてくるかもしれません。

そこにこちらも乗ってベットやレイズを重ねれば、いずれはショーダウンで勝つことができます(特にベットアクションが大きい相手には有効です)。

相手に見破られないよう注意する必要はありますが、他に強そうなハンドがなければあえてこうしたスロープレイを取り入れることで大きく稼ぐことができます。

ただし、こうしたスロープレイが禁止されている場合もあるため状況に応じて使用しましょう(後述します)。

他に強いハンドがあればチップを搾り取る

他に強いハンドがあれば、強気にベットして確実に勝ちに行きます。

もし現状でナッツだとしても、プレイが進んでターンやリバーで逆転される可能性があるため早いうちに決着をつけた方が無難だからです。

例えば今A♦7♦をもっており、場にはA♥8♦3♦2♦が並んでいるとします。

フラッシュが確定しておりAAのツーペアも持っています。

このような時には大きくベットすることで、相手をフォールドさせる可能性は高いですし、相手がさらにベットしてくれば自分も確実に勝てるので大きく稼げます。

このように他に強いハンドがある場合は、強気に出ることでチップを大きく稼ぐことができます。

ナッツに関するよくある質問

ナッツに関する質問について2点解説します。

ナッツをショーダウンする時のマナー

ナッツをショーダウンするときには、次のようなマナーがあります。

  • ソフトプレイをしない
  • スローロールをしない

ソフトプレイをしない

勝てる手札があるにも関わらずソフトプレイをすることは、スポーツマンシップに反するとされます。

例えば自分がナッツを持っており最後にアクションをするBTNなどだった場合、レイズに対してコールではなくレイズで返さなくてはなりません。

プレイの終盤で自分が確実に勝つとわかっている場面では、積極的なアクションを行いましょう。

スローロールをしない

カードを必要以上にゆっくりとめくることをスローロールと言いますが、ショーダウンの時にこれをやるのは特に海外で禁止されています。

なぜなら、相手を侮辱し精神的に強いストレスを与えることになるためです。

もったいぶって時間をかけていたとしてもすでに結果は見えていたとしたら、スローロールされた相手は良い気がしません。

ソフトプレイもスローロールも、どちらも相手を下に見るといった点で批判されます。

相手と正々堂々と戦うために敬意を払ってプレイをしましょう。

ナッツの語源とは?

なぜポーカーで「ナッツ」という言葉が使われるようになったのかは諸説あります。

ここではアメリカの西部開拓時代に由来するものをご紹介します。

アメリカの開拓民たちはポーカーで遊んでいた際に自分の荷馬車に使われるナットを賭けていたと言われています。

ナットを奪われれば荷馬車は壊れてしまいますが、荷馬車といえば開拓民にとっては貴重で重要な仕事道具です。

それだけ大切なものを賭けても大丈夫だといえるほど強気に出ても勝てると見込んだ一手、これをナッツと呼ぶようになりました。

実はポーカーのナッツは木の実ではなく、工具のナットが由来だったというわけですね。

【ポーカー】ナッツ まとめ

今回は「ポーカーのナッツ」について解説してきました。

本記事をまとめると、

  • ナッツとは現状で最も強い手札のこと
  • ナッツを持った時は他に強そうなハンドがなければチェックする
  • ナッツを持った時に他に強いハンドがあればチップを搾り取る
  • ナッツを持った時も、相手に敬意を払ってプレイするのがマナー
  • ナッツの語源はアメリカ西部開拓時代のナットを賭けていたことに由来

「ポーカーのナッツ」について理解するため、本記事がお役に立っていれば幸いです。

NO IMAGE
Twitterで最新情報をチェックしよう!
>日本最強カジノオタクによる情報メディア

日本最強カジノオタクによる情報メディア

80種類以上のオンラインカジノでプレイしてきた、日本最強のカジノオタクが運営するカジノメディア。オンカジの最新情報から各ゲームの攻略方法まで徹底解説しています。

CTR IMG